スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.04.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

2016 春 手前味噌作り教室開催の御案内

2015年5月17日(日曜日)10時〜12時 
梶田商店本店にて「手前味噌作り教室」を行います。


image.jpeg

梶田商店 梶田泰嗣がご説明をしながら味噌作りをします
一組で約2kgの味噌を容器に仕込み、お持ち帰り頂きます。
半年から1年ほど熟成させたら完成です。お子様大歓迎。
「食を耕す運動」として、大洲の食の土壌を耕し、田舎の豊さを楽しみましょう。

味噌の材料
・大豆  宇和産大豆フクユタカ
・米   今治産有機農家 越智将人さんのヒノヒカリ
・塩   香川県国内海水塩...

【ご予約・お問い合わせ】
TEL:090-1986-1964(梶田)
Email:info@kazita.jp
準備のため3日前までにお申し込みください。

募集人数:30組(親子連れは1組・大人1人につき子供2人まで無料)
参加費:3000円(1組)
準備物:エプロン・三角巾・大きめのボウル

味百選

明日から新宿眦膕阿婆I漢の催事に参加します。

今回は3月23日〜28日まで開催しておりますので、お近くの方は是非、お立ち寄りくださいませ。

会場でお会い出来るのを楽しみにしてます。


わたしのとっておき麺

麺好きの皆さま、朗報でっす!


こんな素敵な本が出版されていました。


「わたしのとっておき麺」



http://ec2.images-amazon.com/images/I/51YpYeRJLwL._SX_.jpg

昨日、七草の前沢リカさんから贈っていただきました。


前沢リカさんは和の麺を紹介されてます。

七草さんの料理は旬の野菜を中心とした和食です。


梶田商店の母は前沢さんの大ファンでして。


母は以前、国営放送の料理番組で前沢さんを拝見した時に、心を奪われたそうです。(本人談)


今、母は上京したら、七草に行きたいらしい。。。


この本では前沢さん含め、素敵な方々がたくさんの麺料理を紹介されてます。


この本見てると、一日一麺でもいいなぁ〜。


鶏肉と水菜の煮込みうどんが、モーレツに食べたい!


シンプルな和の麺、美味しいに違いない!

醤油コトなのだ!



大洲のいも炊き!明日はいも炊き初煮会なのだーーー!!!

 F1003290.jpg

明日はいも炊き初煮会!!!18時30分〜(雨天の場合は中止)

ほぼ毎年、8月の第4金曜日に「いも炊き初煮会」が行われます。

今年からは、また場所が以前の大洲市柚木 如法寺河原に戻りました。

臥龍山荘の不老庵(ふろうあん)が対岸にライトアップされて、とても奇麗に見える場所です。

去年までの大洲城が対岸に見える緑地公園の河原も良かったですが、新しく道路も整備されて大型バスも無理なく入れるようになったからでしょうか?

まだまだ暑い日が続いていますが、「いも炊き初煮会」が大洲の秋を一足先に感じさせてくれます。

明日はいも炊き約1000名様分が無料サービスされます。

臥龍太鼓やYOSAKOI演舞、模擬店(フランクフルト、焼きそば、かき氷、フライドポテト、生ビール、チューハイなど)もあります。

大洲は鵜飼いだけじゃないんですよー!!!

実は僕はこの季節が大好きなんです!!!

これから夕方はだんだん涼しくなってきて、いも炊きを鵜飼船で食べながら、鵜飼いを楽しむことが出来るんです!!!

この楽しみが出来るのは、いも炊き初煮会から鵜飼い最終日の9月20日までの期間限定!

一度に二度美味しい(笑)、もとい、一度に大洲の観光を楽しんじゃう!

この時期だと鵜飼船もそんなに出ていないから、ゆっくり鵜飼いの鑑賞も出来る!

まさに狙い目(笑)

いも炊き初煮会は18時30分から始まるので、大洲が初めての方はちょっと早めに来て、臥龍山荘を見学してからいも炊き初煮会に行かれることをお薦めします。

臥龍山荘は札止めが16時30分で、17時までです。せめて、16時までには、入らないとゆっくり見れません。

ミシュラン一つ星です!


いも炊きから話がそれちゃったけど、山形の芋煮会は規模でいうと日本一かも知れないけど、大洲のいも炊きは300年の歴史と美味しさでは負けていないと僕は思っている!

10年に一度氾濫する肱川が肥沃な土壌を作り、そこで栽培された大洲の里芋は余所の里芋とは断然、味わいが違うのである!

柔らかく、しっとりとして粘りのある小さい里芋で作るいも炊きはちゃんと家庭の味があるのだ!8軒あるいも炊き登録店でも、それぞれの味があって、決して同じじゃない。

いも炊きは大洲のソウルフードなのだ!!!


きっと明日は如法寺河原は大勢の市民でごったがえすのです。(あふれるのです。)


去年は10月にお世話になっている先輩家族と如法寺河原でいも炊きをしましたが、寒くて寒くて・・・あれはあれで、今となっては良い思い出です(笑)

今年もいも炊きの季節が明日からはじまり、はじまりーーーっと。









今日の晩御飯

  しばらくぶりのブログになります。

書きたいことやネタはたくさんあるのに、ついつい忙しさにかまけて、サボっておりました。

また少しずつ、アップして行こうと思います。


今日の晩御飯はうどんでした。

F1003050.jpg

最近、ちょこちょこっと出張が入り、帰ってくると休む間もなく、仕込み作業に入ったりということが重なり、かなり不規則な弾丸行動が多く、体調も崩れかけていた為、シェフがやさしい味のうどんを2種類用意してくれました。

一つはわかめうどん。

シェフの手打ちうどんと相性抜群のつゆは出汁に巽醤油うすくちと三河みりんを加えただけというシンプルなもの。

出汁に使用した昆布とかつおの削り節(きっとタイコウさん)とワカメはこんぶの土居さんで購入したものらしい。どおりで上品な透き通るようなやさしい味わいでした。

もう一つは釜玉うどん。

この釜玉が少し変わってて、真ん中に添えてあるのはなんと、シェフが巽醤油こいくちで仕込んだ「しょうゆ麹」でした。

しょうゆ麹はこんな感じです。

F1003047.jpg

ちょっとわかりづらいけど、1ヶ月ほど熟成させたものです。

どちらもとてもやさしい味わいで、疲れた身体を癒してくれました。

シェフは塩麹の次にしょうゆ麹がブームになると考えているんでしょうか?

シェフは料理研究家の稲垣知子さんからしょうゆ麹の作り方を教わったそうです。

改めてしょうゆ麹の作り方はこちらのブログにてご案内させていただきます。

疲れた身体を気遣ってくれたシェフに感謝します。

今日もとても美味しかったです。

ごちそうさまでした。いつもありがとう。







| 1/6PAGES | >>

profile

書いた記事数:985 最後に更新した日:2016/04/21

selected entries

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

梶田商店ホームページ

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode